愛の実践をするには

2020年04月07日 00:11

こんにちは、山野コトリです。私はタロット占い師を名乗っていますがハタヨガの実践者でもあります。

ヨガをする人のことをヨーギーと言いますが、アーサナだけではなく、文献もたくさんありますので、時間をみては文献を読んだりしています。また、哲学を愛し、観察者でもあります。
ヨガを実践していることが、出家している訳ではないし一般社会から離れてしまうとは思わないけどとっつきにくい雰囲気が出てしまうのは確かです。でも弟子をたくさん持つ先生になりたいわけでもないしなあという気持ちがあります。ヨガのライセンスを持っている人とヨガ実践者はまた別だと思っています。どちらが悪いというわけではありませんが。私は実践者でいたいな、と改めて思いました。

わたしはある時から、三次元的な欲望に対してあまり興味がなくなってしまいました。
なので、タロットで人々の欲望を聞くと、みんなつらいのかもなあと思います。
日本が、とか外国が、とは言いたくないのですが私達は国からたくさん持つことを良しと教育されてきたと思います。いつも上に行くこと、誰かに認められることで夢中です。
刷り込まれた価値観を剥がして、自由を手に入れる力が本当は眠っているはず。

人を所有することも、何かを所有することも本当はできないし、すべては一時的なことです。

人の気持ちはコントロールするものではないし、平穏さが欲しいと言いながらなぜ苦しむのか。

実際にインドでヨガに触れたりしたことからスピリチュアルな目覚めを感じ、自分は真理に向かう道へ行きたい、という気持ちがあります。
なんか変なこと言ってるけど大丈夫?と思う方もいるかもしれません。
幸せを手に入れようとしているわけでもないし、謎を解こうとしているわけでもなく、叡知を経験したい気持ちです。

私は子供の頃からずっと、なぜたくさんものに囲まれていても幸せでないのだろうと思っていました。
手塚治虫のブッダを読んで、四門出遊をみたときに、人間には常に苦がまとわりついているのだと知り、彼岸に至ることが悟りと知りました。

悟りってなんだろうなあ、とは思うけど心の声を聞くのは大切だなと最近思います。

本当の豊かさは外側ではなくて、内側で感じるもの、と簡単に言ってしまったら安っぽいけど気づいたこと、知ったことをシェアしていきたいと思っています。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)